福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

あのワゴン車も介護仕様の福祉車両に改造します・現行ステップワゴン

【介護仕様の福祉車両に改造】

乗降の補助装置が備わった福祉車両への改造を手掛けるブレイブボアで、近年お問い合わせと取付けが殺到しているバンやミニバンといったワゴン車を介護仕様の福祉車両に改造するお話です。

先にこのお話の結論になりますが、介助者と介護者の条件が合えば様々な車種に取り付けられて車検にも対応するV-liftは福祉車両の新たな革命となる装置です。

では実際にV-liftとはどのような装置なのか実例と共にお伝えしていきます。

新型ステップワゴン

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

現行ステップワゴン

多彩な装備に広々空間の構図など、メーカーさんのホームページを見てもらった方が話が早いのでホンダ公式サイトはこちらから。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

今回はこちらの新型ステップワゴンe:HEVにモリトーのV-liftを取り付けて介護仕様の福祉車両に改造します。

介護仕様のステップワゴン

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

新型ステップワゴン&アシモ君の夢の共演により、介護仕様ステップワゴンが映えています。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

介護が必要な方の車椅子から純正シートへの移乗を容易とします。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

V-liftの支柱を車両の中心にする事で左右のスライドドアどちらからでも移乗が可能です。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

健常者の3列目シートへの乗車が可能で、2列目シートがフラットになる特性を活かした構造となっています。

介護リフトV-liftの詳細はこちらから。

株式会社モリトーの介護リフトはこちらから。

介護リフトの移乗

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

車椅子と介護者の間に専用のスリングシートを設置します。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

操作はリモコンにて行い、車に乗車できる高さまで上昇操作を行います。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

高さが確保されたら背中側から純正シートにエスコートします。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

シートに乗車したらスリングシートの青い紐を抜きます。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

乗車が完了したらシートベルトを締めてお出かけとなります。

介護リフトの特性

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

株式会社モリトーの介護リフト「必要な時に必要な場所で」とあるように介助者の負担を軽減して介護される方の自立化も可能にするとあります。

実際のところ自力で歩ける方や立てる方であれば自立化も可能ですが、肢体不自由な方や麻痺の方には難題過ぎて何なんだいとなるかも知れません。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

介護リフトは基本的に1人で操作を行い、1人で昇降して乗車するものではなく、介助者と介護者がお互いの立場で支え合うことで成立する理想的な乗降補助装置です。

本来、リフトやスロープといった乗降補助装置でも車椅子の方が1人で乗降車を完結させる事はほぼ不可能です。

介助する人がいて介護される人の乗降車が可能となります。

介護リフトに限らずスロープやリフトなど、この介助者と介護者の条件が合わされば乗降補助装置はより安全な装置となります。

介護リフトの適合性

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

様々なミニバンに対応します。またスライドドアの車種であればよりスムーズな乗降車が可能です。

トヨタではノア、ヴォクシーやアルファード、ヴェルファイア、日産ではセレナやエルグランド、ホンダではステップワゴンやフリードなど実に様々な車種に取り付けが可能で輸入車ですとメルセデス・ベンツのVクラスにも適合性があります。

福祉車両改造・新型現行ステップワゴン・ハイブリッド・介護リフト・V-Lift

乗車定員の変更も必要なく、構造変更等の手続きも不要なので介護リフトを取り付けて違法な改造となる事はありません。

車検も問題ありません。

乗車人数の増減や一定の重さが増減する事で構造変更が必要となりますので、福祉車両の改造を前提にこれからお車を購入される方は購入前にご相談をお願いします。

あったらいいなを実現したい、それも私たちの取り組みでもありますから。

時代は改造してくれる会社が求められているのではなく、相談できる会社が求められています。

お気軽にご連絡ください。

TEL:048−711−7668

メールでのお問合せは

こちらのフォームからお願いします。