アルファード 福祉車両 改造

家族と共に歩むスロープタイプの福祉車両に改造します・アルファード

今回の福祉車両改造事例は、乗りたい車を福祉車両に改造して、一緒に乗りたい大切なご家族に合わせたアルファードの福祉車両改造となります。

余談ですが、スロープの福祉車両は国内の各メーカーから新車で購入が可能です。

また、中古車もネットで検索するとかなりの数がヒットします。

では何故、既存の福祉車両購入ではなく改造なのか…

後半になりますがコダワリもふまえてご紹介させていただきます。

福祉車両への改造

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

新車のアルファードに福祉先進国スウェーデンのFEAL社製スロープ「フィエル・ランプ」を後付け改造して、スロープタイプの30アルファードに改造しました。

このスロープの特徴は

・耐荷重が400kgなので重量級電動車椅子も車いすに乗ったまま乗降車が可能。

・スロープの有効幅はゆとりのある80cm。

・アシストダンパー採用により三つ折りスロープも楽々展開、格納が可能。

そして、脱着が可能です。

フィエルランプの諸元、詳細はこちらから

車いすに合わせたフロア

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

従来のフロアでは、モフモフの絨毯のようになっている為、車いすに乗ったまま車内を移動したり介助者が車いすを押し引きする際に、思った様に進めなかったり車いすがしっかり固定できない場合があります。

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

そこで撥水性、防火性に優れている&剛性の高いフロアを作り、車いすの移動と車いすの固定がスムーズに行える様に改造しました。

勾配への配慮

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

既存のスロープタイプの福祉車両には、スロープの展開時にスロープの勾配を緩和させる為、後ろの車高が下がる機能が備わっているタイプがあります。

その機能は既存の福祉車両の装備なので、本来のアルファードの快適性や乗り心地を損なわない為にも車いすの乗降車をサポートする電動ウインチを取り付けました。

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

リモコンを操作する事でベルトが出入りし、車いすに乗ったままでの乗降車をアシストします。

電動ウインチの詳細、動画はこちらから

開口部の有効化

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

アルファードのリアゲート開口部は120cmにも満たさない為、介助用車いすではすんなり乗降車が可能ですが、バギータイプになると若干のリクライニングさせてからの乗降車が必要となります。

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

床を掘って室内高を上げたり、天井を上げて室内高が増えれば良いのですが、それは無理難題に等しいかと…

なので、限りあるスペースを有効的に活用すべく内装に触れないギリギリを狙っています。

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

無論、車いすの方と介助者がスロープに乗ってもスロープは内装に全く触れません。

この場合ですと最も低い天井部分で114cmの高さが取れていますので、リクライニングする際も最低限のリクライニングで乗降車が可能となります。

既存の福祉車両と福祉車両改造

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

そもそも新車で福祉車両がラインナップされてるのに何で改造するの?

ズバリの質問にズバっと切り込んでいきます。

実際、20アルファードまでは新車でスロープタイプが存在していました。

しかし、30アルファードからスロープタイプの福祉車両がラインナップから消えてしまいました。

なのでアルファードのスロープ車が欲しいと思ったら新車の選択肢がなくなり、中古で探すかラインナップがある他車種のスロープ車を選ぶしかありません。

30ヴェルファイア・福祉車両改造・手動運転装置アクセルリング&ブレーキレバー

30のアルファード、ヴェルファイアはイイ車です。

そりゃ売れますわって本気で思います。

でも30にスロープタイプが無い。

なのでスロープタイプの福祉車両に改造してメーカーラインナップに無い福祉車両にしましたってお話なんです。

ただ、ラインナップに無い車を福祉車両に改造している訳ではなく、本当の目的は「乗りたい車を福祉車両に改造する」事です。

無いからではなく、その車にこの装置が必要だから改造を行う。

これが回答です。

コダワリの一手

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

今回の改造は助手席側の2列目シート部分に車いすを固定して、運転席から見えて左右からも介助が可能な仕様にしています。

ですが、これで全てが満たされた訳ではありません。

車いすユーザーが成長期の方ですと、成長と共に車いすの大きさが変化していきます。

その為、車いす固定装置と車いす用シートベルトの取り付け位置に自由度を加えています。

更に工夫を。

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

車いすの方が2名乗れる前提で改造を行いました。

成長に合わせて大きくなる車いすへの配慮、そして今後の事を考慮した施工。

これを最初から行う事で利点が浮かび上がります。

簡単に言ってしまうと、障がい者の方達、周りのご家族は健常者ほど時間がありません。

車を何日も使えないとなった場合は、通学や通院等の移動手段が断裂されてしまいます。

私共は、その様な方々の貴重な時間をいただいて改造を行っています。

その貴重さが分かるからこそ最大限のご提案と使う人に合わせた改造が行えます。

乗りたい車に乗る為、そして大切な家族と共に送るカーライフ実現の為に私共は福祉車両に携わっています。

福祉車両に改造するまでの流れ

トヨタ・30アルファード・スロープタイプ・福祉車両改造

1・コンタクトフォームからメールor電話でお問い合わせください。

コンタクトフォームはこちらから

2・担当がメールで回答、電話の場合ですとお体の状態や家族構成、必要とされる装置のご相談やご提案をさせていただきます。

3・現車確認、必要とされる装置の確認の為に御来店、もしくは当社からデモカーでお伺いします。

4・お体の状態、実際に装置をお使いになられる方にその装置が適しているか確認します。

5・お見積もり

6・日程の打ち合わせ

7・改造

8・お引き渡しとなります。

コロナ禍の為、リモートでご対応させていただく場合があります。

予めご了承ください。

時代は改造してくれる会社が求められているのではなく、相談できる会社が求められています。

お気軽にご連絡ください。

TEL:048−711−7668

メールでのお問合せは

こちらのフォームからお願いします。

© 2021 福祉車両のブレイブボア株式会社