福祉車両改造・MINI・左足アクセル

左足でアクセル操作が可能な左足アクセルの福祉車両に改造・MINI

左足で運転する福祉車両に改造

国産車、輸入車問わずAT自動車のペダル操作は、ほとんどが右足で行う様に作られています。

これは世界共通の自動車の機構、つまり「当たり前」な事なのかも知れません。

しかし、右足でのペダル操作が困難な体の状況となった場合、皆さんはどの様にして自動車を運転されますか?

おそらく左足を使おうとするかと思います。

そこで今回は、右足を使ってペダル操作が困難となった場合に役立つ「左足アクセル・MINI編」をご紹介します。

左足アクセルペダル

福祉車両改造・MINI・左足アクセル

左足を使ってアクセル、ブレーキ操作が可能となるKIVI社製のアクセルペダル。

元々のブレーキペダル、そして後付けのアクセルペダルを左足で操作して運転が可能となります。

脱着可能

福祉車両改造・MINI・左足アクセル

左足アクセルペダルを取り外して従来のペダル操作を行う事が可能です。

多数の方が乗られる自動車の場合、従来の機構(右足でのペダル操作)に慣れている事もあり操作を誤ってしまう事があります。

福祉車両改造・MINI・左足アクセル

KIVIの左足アクセルは簡単に脱着ができますので、いつでも従来の機構に戻せます。

左足アクセル脱着動画

脱着可能だからこそ

福祉車両改造・MINI・左足アクセル

脱着可能な利点は様々ですが具体的には、家族で自動車を保有する際に福祉車両と普通車両とを複数台用意する必要がなかったり、脱着できる事でディーラーさんや整備工場さんに整備の依頼がしやすかったりとします。

福祉車両改造・MINI・左足アクセル

ですが「付けやすい、外しやすい」と思うのはあくまで健常者の観点と体の状態である為、左足アクセルを使う方の全てが簡単に脱着できるとは限りません。

1台の自動車を左足アクセルを必要とされている方とシェアする方は、次に自動車を使うのが自分だとしても左足アクセルの状態に戻す、そんな配慮があっても良いかも知れません。

それだけ簡単に脱着が可能なんです。

乗りたい車を福祉車両に

福祉車両への改造

今回はMINIに左足アクセルペダルを後付けして福祉車両に改造しました。

KIVI社の左足アクセルペダルは様々な自動車に後付けが可能です。

取り付け部(ボディーやフロア)に穴あけ加工を行いません。

そして誰もが福祉車両に乗りたくて改造をしている訳ではなく、福祉車両への改造が必要な状況になったから改造をしています。

MINI・福祉車両改造

最初から左足アクセルが付いている自動車は新車、中古車共にごく僅かです。

仮に付いている自動車があったとして、本当に乗りたい車かは選んだご自身にお任せするしかありません。

乗りたい車を選んで、必要な装置を改造して取り付ける「福祉車両改造」

この文化を多くの方に知っていただければと思い記しています。

選択肢はあります。

まずはご相談から、心よりお待ちしております。

時代は改造してくれる会社が求められているのではなく、相談できる会社が求められています。

相談したい方は今すぐお電話を!

お気軽にご連絡ください。

TEL:048−711−7668

メールでのお問合せは

こちらのフォームからお願いします。

Copyright© 福祉車両のブレイブボア株式会社 , 2020 All Rights Reserved.