スズキ・ソリオ

手を使って運転する手動運転装置を後付けした福祉車両に改造・ソリオ

手を使って運転できる福祉車両に改造

福祉車両は回転シートや昇降リフトが装着されている車以外に、ご自身で運転をする為の「運転補助装置」が装着されている車も福祉車両となります。

福祉車両は国内自動車メーカーが新車からラインナップされています。

そのラインナップに乗りたい車があれば良いのですが、そもそも車種を選ぶことが難しい、まさに日本の特徴です。

そこで、乗りたい車を福祉車両に改造して、手動運転補助装置を装着した事例をご紹介します。

手動運転装置を後付け改造

福祉車両改造・ソリオ・手動運転装置

スウェーデンBraunAbility社の手動運転装置「カロスピードメノックス」

ほとんどの車種に装着可能なフロア固定タイプの手動運転装置です。

基本的な操作は右手でハンドル操作、左手で手動運転装置のレバーを押してアクセル、引いてブレーキ操作となります。

使う人に合わせた福祉車両に改造

福祉車両改造・ソリオ・手動運転装置

手動運転装置は「ただ」装着しただけでは本当の使いやすさは得られません。

それは、手動運転装置を必要とされる方々に体の自由度や体幹、痙性や握力など多くの違いがあるからです。

健常者ですとイメージしにくいので少し余談を。

大柄な方、シートを目一杯に前まで出して長時間運転が可能ですか?

小柄な方、シートを目一杯に後ろに下げて運転が可能ですか?

車を運転している方であれば単純にアクセル、ブレーキ操作そしてハンドル操作が困難である事が容易に想像できるかと思います。

障がい者の方の中にはシートを前後する事が困難な方もおられます。

腕の長さや肘の曲がり方も個人差があります。

だからこそポジションも含めて手動運転装置を使う人に合わせて改造する事が必要なのです。

実際に公道に出て、運転が開始されれば健常者も障がい者も関係はなく、両者ともに同等の運転者であり、操作が困難な環境は思わぬトラブルに繫がり兼ねません。

トラブルを未然に防ぐために「操作のし易さ」を追求してください。

操作のし易い福祉車両に改造

福祉車両改造・ソリオ・手動運転装置

手動運転装置を左手で握ってアクセル、ブレーキ操作をする為、ハンドルの持ち替えが難しくなります。

おそらく皆さんハンドルの持ち手は基本的に「10時10分」と教習所で教わっているかと思います。

その持ち手はハンドルの持ち替えが前提となる持ち方なので、操作のし易さを追求すると画像のハンドルに付いている球体の「ステアリングデバイス」が必要となります。

教習所の教えに背きますが、体幹のある健常者が使っても「楽だ」と感じてついつい使ってしまうこの球体。

手動運転装置カロスピードメノックスを装着する際に、同時に装着をお勧めしている装置です。

普通自動車⇔福祉車両

販売されている自動車(国内外問わず)、今お乗りの自動車を後から福祉車両に改造する事が可能です。

また、自動車を乗り換えられた際に手動運転装置の移設が可能です。

そして、フロア(床)ボディーに穴を開けない加工を行いますので、お車乗り換え時の買取査定での影響をほとんど受けません。

手動運転装置カロスピードメノックスの詳細や改造費用等の詳細はこちらを参照ください。

助成金制度

福祉車両の助成制度

各市町村で条件や金額は異なりますが、一定の条件を満たすことで福祉車両への改造は助成金の対象となる場合があります。

一例で「さいたま市の福祉車両助成制度」をご紹介します。

詳細は各市町村役所にお問い合わせ下さい。

時代は改造してくれる会社が求められているのではなく、相談できる会社が求められています。

相談したい方は今すぐお電話を!

お気軽にご連絡ください。

TEL:048−711−7668

メールでのお問合せは

こちらのフォームからお願いします。

Copyright© 福祉車両のブレイブボア株式会社 , 2020 All Rights Reserved.