福祉車両の選び方「改造済みの福祉車両と福祉車両への改造の選択肢」

福祉車両の選択肢

【最新版】「福祉車両」について

福祉車両

この言葉で皆さんはどのような自動車をイメージをしますか?

・高齢の方や障がいをお持ちの方で、車いすを必要とされる方が車いすのまま車に乗れる福祉車両

・車への乗り降りを楽にする為にシートが回転し、昇降する福祉車両

・車への乗り降りを楽にする為に段差を減らす補助ステップと手すりが付いている福祉車両

・障がいをお持ちの方が手を使って車を運転する自操式の福祉車両

BRAVE BOAR株式会社の仕事・ブレイブボアの取組み

多くの方が持つ「福祉車両」のイメージが上記の内容かと思われます。

そこで今回は様々な「福祉車両」の種類がある事を知っていただけるよう、ご紹介をしていきます。

今後、福祉車両を購入予定の方、

福祉車両を所有していて買い替えをお考えの方、

福祉車両への改造をお考えの方、

ぜひ参考にしてください。

福祉車両と福祉車両への改造

福祉車両のブレイブボア株式会社

車いすに乗ったまま車に乗れる福祉車両

ハイエース・ウェルキャブ

昇降リフトタイプの福祉車両

様々なエリアでもっとも見かける福祉車両と言えば、この「トヨタ・ハイエース」の「ウェルキャブ」と呼ばれるタイプ。
多くの老人ホーム、通所、リハビリ、介護タクシー等で活躍している多人数で乗車して、車いすに乗ったまま車に乗れる福祉車両です。

リモコンを操作してリフトが電動で動くので、静か且つスムーズにリフトの上昇、下降が可能です。

NV350・日産の福祉車両

このタイプの福祉車両はメーカーが改造した改造済みの福祉車両となります。

リフトの上昇、下降をボタン1つで操作が可能な車種はハイエースの他にも

ニッサン・NV350・チェアキャブ」「三菱・タウンボックス・ハーティーラン」等があります。

軽自動車の福祉車両

昇降リフトタイプの福祉車両注意点

ここで注意点。

車いすに乗ったまま車に乗れる福祉車両のリフトが、そのまま車内まで入るのか?

ハイエースやNV350のようなリフトタイプの福祉車両には車いすが乗る部分「プラットホーム」に車いす固定装置が付いていて、そのまま車内まで入る事が出来ます。

一方、タウンボックス・ハーティーランのような上昇、下降、リフトの折り畳みのみが電動のタイプですと、介護される方がリフトで上昇した後、介助する方が車内に押すか車内から引くかの形となります。

最初から二人で一緒にリフトで上昇させる

どのメーカー、どの車種にも言えますが近い将来、故障します。

耐荷重の範囲内だから大丈夫」ではないのです。

故障の度合いにもよりますが最悪の場合、数十万の修理費になります。

車いす固定装置の違い

車いす固定装置にも違いがあります。

車いす固定装置純正品

ボタン1つで固定が可能なタイプと、手動でベルトを張って車いすを固定するタイプがあります。

車椅子固定装置

ここで注意点ですが、操作の利便性を選ぶかコストで選ぶかの選択肢が生まれます。

福祉車両・スロープ車の車いす固定

この選択は主に介助をされる方に優先して選ぶのが良いです。

福祉車両の駐車場選びと諸元

次に注意すべき点は駐車場の高さ。

ハイエースの福祉車両

ハイエース福祉車両・全高2225mm

ハイエースS-GL

ハイエースS-GL・全高1980mm

地上からの高さが違うので注意が必要です。

ショッピングモールの駐車場や病院の入り口、駐車券発券ゲートで高さ制限を見ておかないと大変なことになります。

よく行く場所の駐車場、病院の入り口は事前に確認してください。

トヨタ・ハイエース・ウェルキャブ

又、駐車場には前から駐車した方が介助に適している場合があります。

リフトを下ろし車いすを引いて車外に出る、そのスペースがバックで駐車した際に確保できていれば問題ないのですが、ハイエースの場合ですと車両の後端からリフトが完全に出たところまでの距離が180cm

そこに車いすの長さと介助する方の幅が足され、車いすの稼働を考えると合計で300cmは欲しいので、車両の高さの考慮、車いすの稼働距離の配慮が必要です。

福祉車両の「内輪差」と「死角」

内輪差」と「死角」にも注意が必要です。

特にセダンタイプの車に乗られていた方が、ハイエースのような「運転席から車の先端までの長さが無い」車に乗り換えた際に今までの「慣れ」から起こる、ハンドルを早いタイミングで操作してしまってボディーの側面をぶつけてしまう事があります。

ミラーや目視で見えない「死角」、日産セレナより大きなボディーでも短いホイールベース故に、小回りをするハイエース等の「内輪差」は事故防止の観点からも要注意です。

スロープタイプの福祉車両

軽自動車の福祉車両

車いすに乗ったまま車に乗れる福祉車両には「スロープタイプ」の福祉車両もあります。

用途としてはハイエースのウェルキャブやNV350のチェアキャブと変わりませんが、パっと見た感じは普通の車にしか見えません。

このスロープタイプの福祉車両もメーカーが改造した改造済みの福祉車両となります。

トヨタの福祉車両・スロープ車

スロープを展開するとスロープタイプの福祉車両となります。

軽自動車の福祉車両

ここ最近の傾向ですと軽自動車のスロープタイプの福祉車両が増えています。

施設やデイサービスでも増えていますが、個人で必要とされる方が多くなりました。

ダイハツ・タントスローパー」や「ホンダ・N-BOX」の「スロープ仕様」も主流になって、街中で見かける事が増えました。

高齢化が進む日本なので需要が増えている事は周知の事ですが、実は軽自動車の福祉車両としての潜在能力が以前に比べて、かなり高まりました。

モーターを使って車いすの後退防止ベルトを巻き上げて「ちから技」で介助をする方の負担軽減になり、車体自体の室内空間が広くなった事による車いす利用者と、車いす利用者以外の席と荷室スペースが確保され、重心が下がった事による安定感と快適性、安全装置等の充実装備が備わっています。

スロープの展開は電動と手動

基本的に手動か電動のスロープですが、格納や収納の方法に違いがあります。

特に手動で操作するスロープは、折り畳み式なのかスライド式なのかでもだいぶ違ってきます。

福祉車両・スロープ車・スロープ幅

劣化が早いのは当社の統計だと圧倒的にスライド式。

使用頻度にも関係しますが「ここが劣化しやすい部品」そんな部分があります。

なので、どちらかと言えば折り畳み式のスロープ車がお勧めできるのかと。

スロープ展開時の傾斜角度と長さ

実際にスロープタイプの福祉車両を購入や改造でご用意される際に知っておいてほしい事が角度と長さです。

その車には、車いすに乗ったまま車内に入れるか、乗り込む際に頭が当たらないか、スロープを展開する為の駐車スペースがあるのか等、事前に知っておきたいところです。

フィエルランプの勾配

フィエルランプの勾配

代表的な国産車のスロープを後付けした各諸元はこちらのページから・スロープの傾斜角度について

「ふくしゃりすと」の悩み

ふくしゃりすとの悩み

電動式はとても難しい選択です。

それは電動が故に「万が一の時に非常に困る」からです。

確かにボタン1つでスロープが展開して、トヨタのニールダウン福祉車両は車高まで下がり、緩やかな角度のスロープが故の安心感と車いすを押す方の疲労軽減になりますが、操作の途中で止まってしまって全く動かなる事があります。

この電動スロープが標準装備されている福祉車両はワンボックス車が多く、トヨタのノア、VOXYと言った比較的スタイリッシュで軽自動車よりも安定感のある乗り心地の良い車両に採用されています。

ただ、電動で動くものが動かなくなった時は電動スロープも「ただの金属の板」になってしまいます。

ここでのポイントは「電動で動く物には緊急時の対処方法がある」事です。

「ふくしゃりすと」のねがい

福祉車両の整備

電動で動く昇降リフト、電動で展開するスロープ、電動で回転する昇降シート等、各メーカーで種類や形は違えど、緊急時の対処方法は存在します。

この対処方法も構造も熟知しているので自称「ふくしゃりすと」と名乗っています。

困った時、むしろ困る前に対処したいのです。

シエンタHV・トヨタの福祉車両・車いす昇降クレーン

福祉車両」の「福祉」に携わる部分の整備、点検は「車両」の法令点検と同等にすべきだと感じています。

それは、本当に必要とされている方々が使いたい時に使えなくなる事を予防する為です。

違和感や異音は何かの前兆かも知れませんので、先ずは当社にご相談ください。

シートが回転する福祉車両

助手席が回転するシートがメーカー純正の福祉車両として扱われています。

シートが回転し昇降する福祉車両

助手席、後部座席が回転して昇降するシートも、メーカー純正の福祉車両として取り扱われています。

車への乗り降りが楽になり、車いすから車のシートへの移乗も楽になる装置です。中には車のシートがそのまま車いすになるタイプもあり、お出かけも移動もかなり楽になる装置も存在します。

シエンタHV・トヨタの福祉車両

回転シートは車のシートが車の外側に回転して、車への乗り降りを容易にする画期的な装置です。

メーカー純正回転シートの注意点

回転シート・注意点

基本的にメーカー純正の回転シートは汎用なので「誰がどの様に何の為に使うか」まで配慮していません。

その為、必ず確認してほしいのが「頭がスムーズに出入りするか」と「足が内装品に当たらないか」。

実際に現車を使って試す事が一番良いのですが、なかなか都合良くいかないのが現実です。

トヨタの福祉車両・助手席リフトアップシート

新車に関しては在庫で置いている店舗が少ない、中古車に関しては扱い方を知らない店舗が販売している等、必要と考えている方と乗って頂きたい方のすれ違いが起きたりもします。

また、体格の大きい旦那さんと小柄な奥さんの「どちらがどちらを介助するか」でも考慮は必要です。

回転シートに合わせるのは人or車

回転シート・ターンアウト

乗りたい車種、欲しい車種に回転シートが付いている「福祉車両になっている車」があれば良いのですが、皆さんはどのように考えますか?

当たり前かもしれませんが「乗りたい車に福祉車両としての装備が整っていた方が良い」と皆さん思うはずです。

福祉車両に改造したミニクーパー

ここでのポイントは「乗りたい車の福祉車両の使い勝手」です。

特に回転シートの福祉車両は「回転シートの注意点」でも挙げたように「スムーズに出入りができるか」が非常に重要となります。

回転シート・ターンアウト

車に乗るために購入した福祉車両も、車に乗る事が出来なければ何の意味もありません。

福祉車両の販売店の全てが福祉車両を利用される方の、障がいのレベルや病気について知っているわけではありませんので、必ず購入前に「利用される方に適した装備なのか」を確認してください。

トヨタの福祉車両・回転昇降シート

利用される方の体を車に合わせる」ではなく「利用される方の体に車を合わせる」事を前提としてください。

手動運転装置付きの福祉車両

手を使って運転が可能となる「手動運転装置」を国内自動車メーカーが取り扱っています。

一例でホンダのテックマチックをご紹介します。

ホンダの手動運転装置テックマチック

ホンダ・テックマチック

・コントロールグリップを手前に引いてアクセル、前方に押してブレーキの操作が可能

・ウインカーやホーンのスイッチがグリップ部分に付いているのでグリップを握ったまま各操作が可能
ホンダ・コントロールグリップ

ホンダ・テックマチック

・旋回ノブは片手でハンドル操作が可能

両下肢に障がいをお持ちの方がご自身で運転をする為に選ぶ福祉車両となります。

運転免許証は「AT車両」である事と「アクセル、ブレーキ操作は手動式に限る」が条件となります。

痙性による誤作動の防止

痙性が頻繁に起こる方は痙性でアクセルやブレーキの意図しない作動を防止するために、併せて「防止プレート」をご用意された方が良いです。

このプレートは折り畳みが可能なので、健常者が運転をする際はプレートを畳んで足でペダルを操作できます。

折り畳みの方法は慣れてしまうと5秒で出来ます。

かがむ→畳む→起きる→以上です。

痙性とは

一般的に自発的な動きを制御している脳や脊髄部分の損傷によって起こる「麻痺」に伴う副作用の事。

軽度の筋硬直、重度の脚部運動制御不能と各種の痙性があります。

症状として、筋緊張増加、筋収縮、筋肉の痙攣、無意識に足が上がり交差もする、関節の固定などがあります。

ここでの注意点は「体に合った装置なのか

特定の車種に所定の位置で取り付けられている為、万人向けとは言えません。

また、ある程度の体幹が無いと長時間の運転が難しく、グリップの高さや前後への動き方等、運転する方の運転しやすい環境が整わなければ体への負担は大きくなります。

ミクニの運転装置

体の状態は人それぞれで、万人向けに取り付けた手動運転装置が万人の体に合っているとは言えません。

ご自身の体に合った装置なのか

必ず確認してください。

日本と海外の福祉車両の違い

福祉車両への改造

日本と海外では「福祉車両」のとらえ方が大きく違います。

日本では自動車メーカーが福祉車両としての装置「架装装置」をメーカーが付けた状態の云わば「改造済みの福祉車両」に対し、アメリカやスウェーデン、イギリス等では架装装置のメーカーが主体なので、完成されている海外メーカーの福祉車両は無く、乗りたい車に取り付けたい架装装置を選ぶ「福祉車両に改造する」と開発から販売に至るまで大きく違います。

福祉車両に改造

また、海外(欧米等)では移動手段のサポート面でも公共の交通機関や助成金制度まで幅広く、障がい者や高齢者に必要となる手段が整っています。

日本にも低床バスやリフト付きのバス、福祉車両のタクシーがあります。

街や公共施設のバリアフリー化も進んでいます。

各都道府県の助成金制度

各都道府県で福祉車両の助成金、補助金制度も設けています。

福祉車両の助成制度

福祉車両助成金、補助金制度

福祉車両と福祉車両改造の助成金や補助金や消費税は福祉車両助成制度

しかし「福祉車両の基本スタイル」が全然違います。

乗りたい車を福祉車両に改造したい

フロア固定タイプ・自操式の手動運転装置

誰しもが想い、願うことは「乗りたい車に乗りたい

障がい者の方、病気の方、健常者も関係なく自動車は単に移動の手段だけでなく「自分で車を選びたい、自分に合った車にしたい」と思いませんか?

トヨタ・86・レースカー

乗りたい車、欲しい車を福祉車両に改造する事は1つの手段なので、ここでも選択肢が生まれます。

メーカー純正の改造済み福祉車両」か「福祉車両に改造する」か。

ここから「福祉車両への改造」をご紹介します。

使う人に合わせた福祉車両に改造する

福祉車両への改造

自操式の手動運転装置アクセルリング&ブレーキレバー

介助をするために福祉車両に改造するのか、ご自身で運転をするための福祉車両に改造するのか、使い方は違えど福祉車両に改造する事に何ら変わりはありません。

BRAVE BOAR株式会社で取り扱っている福祉車両への改造装置は、お車を乗り換えた際に今まで使っていた装置を新しい車に移設することが可能です。

福祉車両への改造をお考えになられている方、福祉車両への改造製品の一例を参照ください。

福祉車両への改造

BRAVE BOAR株式会社の仕事

福祉車両に改造して手動運転装置を取付ける

アクセルリング&ブレーキレバー

リングタイプの手動運転装置

フロア固定式手動運転装置

フロア固定式手動運転装置

車への乗り降りをサポートする福祉車両に改造する

サポートシート

サポートシート

スロープ仕様の福祉車両への改造

スロープ仕様の福祉車両への改造

福祉車両に改造したミニクーパー

回転シート・回転昇降シート

車いす用クレーンを福祉車両に改造して取付ける

車いす昇降クレーン

車いす昇降装置・ピラーリフト

車いすに乗ったまま車への乗り降りを可能とする「昇降リフト」、ドアを開けた際に一段分の段差を無くす「補助ステップ」、車のシートがそのまま車いすとなる装置等を取り扱っております。

詳細は各画像をクリック

 

福祉車両の選び方と僕の想い

ここまでの長い道のり、誠に感謝いたします。

最後に僕の想いも込めて「福祉車両の選び方」のお話をさせていただきます。

」のお話になりますが「」とは実用性も、趣味性も、はたまた実益、所有感と人それぞれ感じ方や使い方、思い入れは違います。

それは「車の好み」と一緒でセダンが好きな方、ワゴンが好きな方、スポーツカーが好きな方と好みが分かれるように、やはり「」は自身の感性の中で選べるからこそ楽しめるのだと思っています。

車を選ぶ」「車が選べる」事はある意味「贅沢」と捉えられる方もいらっしゃると思いますが、車が好きな方にとっては云わば「醍醐味」と言っても過言ではありません

今までに障がい者になった事がきっかけで今まで好きだった車から離れ、新たに没頭できるものを探すも見つからず、外出する事にも楽しみがない方を見てきました。

それは「本当は乗りたい車があるのに乗れないから」

根っからの車好きの意見でした。

瞬間で思いました「なんとかしたい」と。

そして「世の中には、車に乗りたくても乗れないからと諦めてしまった方たちが沢山いるのではないか」と。

これが僕がこの仕事を始めた「きっかけ」です。

今までの人生で培った知識と技術と経験を総動員して、その人だけの車創りを、そしてその人と共に笑いあえる男でいられるよう日々励んでおります。

だいぶ脱線してしまいました。

福祉車両」は選ばなければいけません。

それは「改造済みの福祉車両」「福祉車両に改造する」双方共にです。

本当に必要としている方に必要な福祉車両を選択しなければ、また、選択肢は持っていなければなりません。

何の装置が必要なのか、何故必要なのか、その装置が使えるのか。

あなたの為に、あなたの大事な人の為に、

そして、あなたに合った福祉車両、あなたの大事な人に合った福祉車両を選んでください。

ご相談お待ちしております